「偽装肉に学ぶ」

わたしは、肉食人間だ。
肉を食べないと力がでない気がする。
焼肉をじゅーじゅーやったあとには、パワー全開。
カラオケいって防音ドアをはみでる大声でうたえちゃったりする。

しかし、
世の中には肉を食べない人々がいる。
「ベジタリアン」
もっとストイックだと
「Vegan (ベーガン)」
という。
ベーガンのみなさんは、卵も乳製品も受けつけない。

アメリカのスーパーに行くと、こういった人々向けの食品がならんでいる。
豆腐などは、たんぱく質の宝庫として肉を食べないみなさんの定番になっている。

最近よく目にするのが
肉のようで肉の入ってない肉もどき食品。
わたしは、偽装肉とよんでいる。
ええ、とっても怪しいのです。

たとえば、これ。

1

どうみたってソーセージでしょ?
それなのに「sausage-less sausage(ソーセージではないソーセージ)」
と肉を使っていないのである。

そんでもってこれも。

fake-burger

肉の入ってないベーガン・バーガーだってさ。
なんでわざわざハンバーガーの形にするわけ?
肉、食べたくないんでしょ、あんたがたは!!
と説教したくはなりませんか。
だまって野菜やチーズのサンドイッチでも食べていればいいじゃないのさ。

しかし、まだ上には上がいた!
もうここまでくるとくらくらするというかだまされているというか。

fake-chicken-and-BBQ-300x199

左は、チキンもどき。
チキンっぽさを思い切りだしたいあまりにネーミングも「Chick’n」だってさ。
BBQ肉を偽装したものにいたっては、こうよ!

fake-BBQ-2-300x199

どう見ても肉でしょ?
なんでわざわざ肉っぽくするのだここまでも????
肉を食べないと自分の意志で決めたのなら
肉のことなどさっぱり忘れればいいのに。
やっぱり肉を食べない引け目があるのか?
ならば肉を堂々と食せ!
・・・と思います。

日本でもどこかのハンバーガー屋さんで肉を使わないバーガーを
売っているときいたけどまあ、健康のためにはいいからね。
日本のみなさん!アメリカは「偽装肉」の先進国です。
これらのいんちき肉商品を参考に
うまいもん作ったらいかが?

クリック一発!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

クリックもう一発!

人気ブログランキングへ

ありがとうございましたー!